• TEL: 046-820-1335
  • メールでのお問合せ
  • コラム | 私たち『株式会社 ST・BELIFE』は、東京・横浜・横須賀で大規模ビル・マンション・施設などの内装・ボード・軽鉄工事を手掛ける会社です。これまでも、これからもお客様に信頼して頂ける会社であり続けるために、高い施工品質をお届けしていきます。

コラム
コラム

天井の落下事故はなぜ起こる?

大きな地震があると、天井が落下したというニュースを耳にしたことはあるでしょうか?
ときには、大勢の人を巻き込んだ事故につながるケースもあります。
大ホールやプールなど比較的大空間における事例が多いのですが
その原因は、どれもほぼ共通しています。


1、天井は吊り下げられた重い振り子のようになっていること

天井は上階の床などから細いボルトで吊られていて、仕上げのボード等の荷重をぶら下げています。
この状態をマクロに見てみると、吊り下げられた大きな振り子のようになっているわけです。
地震があると、建物は固有周期に従って揺れますが
天井は振り子のように建物とは別の周期で揺れますので、衝突が起きてしまうのです。

国土交通省は、技術的な助言などのかたちで、天井裏の補強についての指導を強化し
近年では、災害が起こるたびにこの指導が拡大されています。


2、湿気や塩素の影響~点検の必要性~

温水を使うプールやサウナの天井裏は、結露や塩素ガスの影響を受けやすく
鉄骨やビスが早い段階で腐食し、これが事故の原因につながるとも考えられています。
こういった環境では、天井裏の換気を完全にして、下地材にはステンレス材を使うなどの対策が望まれます。


神奈川県横須賀市の「株式会社ST・BELIEF」は大規模ビル・マンション・施設などの内装・ボード・軽鉄工事を行っております。
現在、弊社では求人を募集しております。高い品質を追求する職場で一緒に高収入を目指しませんか?ご応募お待ちしております。

お問い合わせはこちらから