• TEL: 046-820-1335
  • メールでのお問合せ
  • コラム | 私たち『株式会社 ST・BELIFE』は、東京・横浜・横須賀で大規模ビル・マンション・施設などの内装・ボード・軽鉄工事を手掛ける会社です。これまでも、これからもお客様に信頼して頂ける会社であり続けるために、高い施工品質をお届けしていきます。

コラム
コラム

知っていただきたい~構造物の基礎知識~

 

 

建物の構造にはどんな種類があるの?

 

建物は、どういった構造でつくられているのでしょう?

 


構造の種類を選ぶとき、全体的な知識を持っていると


使い方、立地条件や環境、運用など


いろいろな面で違いがあることに気づきます。

 

 


そこで、今回は構造物の種類についてみていきます。


あらゆる建物の構造は、以下のような8種類あります。

 

 

① 木造(W造り)


② 重量鉄骨造(S造り)


③ 軽量鉄骨造(S造り)


④ 鉄筋コンクリート造り(RC造り)


⑤ アルミ造り(AL造り)


⑥ コンクリートブロック造り(CB造り)


⑦ 鉄骨鉄筋コンクリート造り(SRC造り)


⑧ コンクリート充填鋼管構造(CFT造り)

 

 

代表的なのは①~④です。


マンションの広告などで、S造りやRC造りなどの文字を


見かけることもあるのではないでしょうか?


この4種類のなかで、鉄骨造り(S造り)は、


建物の骨組みに鉄骨を用いるもので、英語のスチールの頭文字をとって


S造りともいわれています。


木造の次にコストパフォーマンスの良い構造です。

 

 

 

鉄骨造り(S造り)には、またさらに2つの種類に分かれます。

 

① 重量鉄骨造り


② 軽量鉄骨造り

 

 

使う鋼材の厚みが6mm以上のものを「重量鉄骨」といい、


6mm未満のものを「軽量鉄骨」と呼びます。

 

 

なかでも軽量鉄骨は、コストパフォーマンスも高く、耐震性にも優れていることから


新築物件やテナント工事、店舗工事、改修工事、住宅工事など


幅広く用いられているのです。