• TEL: 046-820-1335
  • メールでのお問合せ
  • コラム | 私たち『株式会社 ST・BELIFE』は、東京・横浜・横須賀で大規模ビル・マンション・施設などの内装・ボード・軽鉄工事を手掛ける会社です。これまでも、これからもお客様に信頼して頂ける会社であり続けるために、高い施工品質をお届けしていきます。

コラム
コラム

軽量鉄骨造りの特長~耐用年数~

 

日本の住宅構造で多く用いられている「軽量鉄骨造り」。


今回も引き続き、その特徴についてみていきます。

 

 

軽量鉄骨造り(S造り)は、木造に比べると建築費用が高くなりますが、


耐震性・耐火性において優れており、木造に必要な白アリ防除の施工もいりません。


そして、短い工期で建てることができる点がメリットです。

 

 

いっぽう、どれくらいの期間住むことができるのか?というのも


重要なポイントとなります。

 


これを考えるときに出てくるキーワードとして


「耐久年数」と「耐用年数」という二つの言葉があります。

 

① 耐久年数・・住宅メーカーなどが独自におこなう調査で判断される目安。


② 耐用年数・・国税庁が定める減価償却資産の資産価値を計算する法的な目安。

 

似たような言葉なので、つい混同してしまいそうになりますが、


こうした違いがあります。

 

 

法的耐用年数は、軽量鉄骨造り(S造り)は


鉄筋コンクリート造り(RC造り)と木造のあいだぐらいに位置しています。

 

鉄筋コンクリート(RC造り)・・・・・47年
重量鉄骨造り(S造り)6mm以上・・・34年
軽量鉄骨造り(S造り)3mm~4mm・・27年
軽量鉄骨造り(S造り)3mm未満・・・19年
木造(W造り)・・・・・・・・・・・・22年

 

ここから考えられるメリットとして、

 

RC造りと比べると

① 固定資産税を安く抑えることができる
② 修繕費・解体費が低費用で済む。
③ 節税目的での減価償却費を多くとることができる。

 

などが考えられます。

 


軽量鉄骨は法定耐用年数が短いので、そのぶん減価償却費を多く計上することができます。


また、低階層の住宅に適した構造となっているため、エレベーターのない物件が多く、


修繕費や、解体費などのコストも安く出おさえることができます。

 

出口戦略も取りやすい構造物といえるでしょう。